全身脱毛をするなら日焼け厳禁!その理由と注意点

日焼けしていると脱毛サロンで施術を断られてしまうと、聞いたことはありませんか?

脱毛サロンでもクリニックでも脱毛機は黒いものに反応しますから、日焼けしていると施術を断られてしまいます。

今回は、そんな日焼けと全身脱毛の関係について、紹介しましょう。

脱毛はメラニンをターゲットにしている

脱毛サロンやクリニックで使われている脱毛機は、ムダ毛に含まれているメラニンをターゲットにしています。

照射した光やレーザーが黒いメラニンに反応して、毛根や毛を生やす細胞などに熱ダメージを与えてムダ毛が抜けていきます。

日焼けして黒くなった肌には、たっぷりとメラニンが含まれていますね。

そんな状態で施術してしまうと、光やレーザーはムダ毛に吸収される分が減ってしまって、肌に吸収されてしまいます。

脱毛効果が著しく落ちてしまいますし、肌が熱で火傷してしまうリスクが高くなります。

ちょっとくらいの日焼けなら施術してもらえますが、ガッツリ日焼けしてしまうと施術を断られてしまいます。

脱毛中は夏場の日焼けに用心しよう

夏場は一年中で一番紫外線量が多い季節で、ちょっと外にいただけでも日焼けしてしまいます。

夏休みで海やプールに行って水着になったり、肌を出すファッションをすることも多いですね。

手足や背中、顔など、露出している部分は日焼けしやすいですから、全身脱毛に通っているなら十分に注意が必要です。

2、3ヶ月に1回ペースでしか全身脱毛に通えませんから、日焼けして施術が受けられないと1回分損をしてしまいます。

日焼けが収まるまでには数ヶ月ほどかかりますから、その間は脱毛できず脱毛終了まで長引いてしまいますね。

そんなことにならないように、夏場はしっかり全身に日焼け止めを塗って日焼けしないように注意しましょう。

日焼け肌でも脱毛OKなSHR方式(蓄熱式)

部活やスポーツをしていて年中日焼けした肌の人なら、最新のSHR脱毛が受けられる脱毛サロンへ通いましょう。

SHR脱毛はメラニンをターゲットにした脱毛ではありませんから、日焼けしていても問題なく脱毛できてしまいます。

従来の脱毛方法よりも痛みが少なく、産毛もきれいに脱毛できます。

肌への負担も軽いですから、敏感肌や肌荒れしている人でも安心ですね。

スムーズな脱毛のための紫外線対策